動脈は、体の隅々まで栄養や酸素などを運んでいく役目をしますが、血液の脂質(コレステロールなど)がたまったり、高血圧によって血管に負担がかかって血管の壁が傷ついたりしますと、栄養や酸素が不足します。
そのことにより、動脈の細胞が新しく生成されなくなったりして、動脈に弾力性がなくなり、硬くて壊れやすくなります。

スポンサードリンク

動脈にコレストロールなどが溜まり(プラーク)、その表面が破れると、血管の中で、血液の固まり(血栓)ができて、血管を詰まらせてしまいます。

このように、動脈壁が厚くなって血液の流れる部分が狭くなったり、動脈が硬くなったりして、血液の流れが悪くなる状態を、「動脈硬化」と言います。
また、動脈硬化が原因で、身体に現れる様々な症状のことを、「動脈硬化症」と言います。

動脈硬化の種類としては、次のとおりです。

・「アテローム(粥状)動脈硬化」は、脳動脈、大動脈、冠動脈などの比較的太い動脈に、コレステロールや脂肪により、ドロドロの粥状物質が溜まることで、アテローム(粥状硬化巣)ができ、それが徐々に厚くなって、動脈の内腔を狭くしていくものです。

・「細動脈硬化」は、脳、目の網膜、腎臓などの細い動脈が硬くなって、塞がってしまったり、出血を起こしたり、血管壁が全体的に破裂したり、するもので、高血圧が長い間続いているような場合に、起こる傾向があります。

・「メンケルベルグ型(中膜)硬化」は、動脈の中膜にカルシウム(石灰質)が溜まり、硬くなったり、もろくなったりするもので、血管の壁が破れることもあります。
頚部や下肢の動脈、大動脈に発生しやすい動脈硬化です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

動脈硬化の予防と治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://yobou.eigo7.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。