CAVI検査と自覚症状

動脈硬化は、自覚症状がないので、「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」と呼ばれることがありますが、、簡単に動脈硬化を発見することができる「CAVI(キャビィ)検査」というのがあります。

スポンサードリンク

このCAVI検査の方法は、仰向けに寝た状態で、両腕と両足首の血圧脈波を測るもので、検査時間も5分程度で終わりますので、気軽に受けられます。
また、検査結果もその場でわかるので、医師からのアドバイスがすぐに受けられます。

CAVI検査での測定項目は、"動脈の詰まり"や"動脈のかたさ"、"血管年齢"の3項目を測定します。

「CAVI」とは、「動脈のかたさ」を表すもので、動脈は全身に血液を送るポンプの働きをしますが、血圧が変化した時の血管の膨らみ方をみることで、動脈の硬さを判断するものです。
動脈硬化が進行しているほど、「CAVI」の値は高くなります。
その値が「9.0」を超えると、約半数の人が、冠動脈(心臓の動脈)か脳動脈に、動脈硬化が起こっていると考えられます。
また、「CAVI」が9.0未満だとしても、血管年齢が高い人は、動脈硬化の進行が早いと考えられています。

「ABI」とは、足首の血圧と腕の血圧とを比較することで、足の動脈の詰まりを表すものです。
健康な人の場合は、足首の血圧は腕の血圧と同じくらいの値か、少し高いくらいの値となります。
ところが、足の動脈が詰まって血流が悪い場合は、腕の血圧と比べて、足首の血圧は低い値になります。
このように、腕と足首の血圧を比べて、その値が「0.9」未満だと、足の動脈が詰まっている確率が高く、値が低くなるほど重症ということになります。

参考までに、血管年齢は、健康で同じ年齢・性別の人の「CAVI」平均値と比較することで、知ることができます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

肉と魚と動脈硬化
肉と魚は、同じ動物性食品ですが、栄養素には大きな違いがあります。 豚肩肉100g......
なぜ動脈硬化になるの
どうして、体内で動脈硬化が起こるかは、まだはっきりと分かっていませんが、動脈硬化......
血管閉塞と網膜動脈閉塞症
網膜動脈閉塞症は、血管のどの部分が閉塞して血流がとまったか、によって症状が異なっ......
コレステロールと動脈硬化
一人が一日に、食事から摂取するコレステロールの量は、500〜600mgが適正だと......
閉塞性動脈硬化症 初期の日常生活
「閉塞性動脈硬化症」の初期患者の方は、食事や運動など日常生活に関して次のことに注......
生活習慣と動脈硬化
生活習慣の中には、動脈硬化を引き起こす危険な要因を多く含んでいます。 喫煙は、ニ......
動脈硬化を予防する
動脈硬化は、バランスの取れた食事や適度な運動を毎日習慣づけて行うなど、日常生活の......
網膜動脈閉塞症の救急措置
網膜動脈閉塞症が発症した場合は、いかに早く動脈の血流をを再開させるかが、ポイント......
動脈硬化の自己チェック
動脈硬化を発症させる危険因子を、あなたはもっていますか、自己チェックしてみましょ......
動脈硬化を食生活で予防でする
血糖値が高い人は、動脈硬化となる危険性が高くなりますが、日常の食生活を少し改善す......
「動脈硬化」がわかる本
「動脈硬化」とは、どのような病気か、どうすれば予防できるか、などを理解しやすく説......
カカオは動脈硬化を予防する
「カカオ」は、チョコレートの主成分で、体に良い成分を多く含んでいます。 カカオに......
網膜動脈閉塞症
人の体の細胞が働くために必要となる栄養や酸素は、血液によって運ばれており、この血......
閉塞性動脈硬化症
「閉塞性動脈硬化症」とは、動脈硬化が進行して、足の動脈が閉塞することによって、い......
HDL(善玉)コレステロール
HDL(善玉)コレステロールを増やすには、食生活を見直すことと、適度な運動を持続......
高脂血症を防ぐ調理法
高脂血症の原因には、乱れた食生活、遺伝、運動不足などがあり、これらは動脈硬化を促......
動脈硬化の検査
日本における死亡原因のうち、ガン、循環器疾患、脳血管疾患、が3大死因となっていま......
食事療法と動脈硬化
動脈硬化にならないためには、1日の摂取カロリーに注意を払い、食べる量も腹八分目を......
動脈硬化と コレステロール
「コレステロール」というと、体に悪いというイメージをもつ人も多いと思います。 し......
塩分の摂り過ぎ
スーパーやコンビニなどで買って来た惣菜や飲食店での料理には塩分が多く、これらを繰......
動脈硬化の症状 サイレントキラー
動脈硬化による症状は、体のあらゆるところに現れますが、特に発生しやすい部分は、脳......
メタボの人は歯周病に注意
統計によりますと、メタボリック・シンドロームと診断された人の中には、実は多くの人......
メタボリック・シンドローム
「生活習慣病」という病気は、我々の身近なものとなっており、その対策などもテレビや......
食生活と動脈硬化
バランスのとれた食事は、動脈硬化の予防に大きな効果があります。 では、食生活の中......
一過性脳虚血発作
言葉のろれつが回らなくなったり、片方の足や手がしびれてきたり、する症状が突然に起......

▲このページのトップへ