歯間ブラシで口臭予防




歯磨きのブラッシングだけでは歯の隅々まで汚れを落としきるのは難しいことです。
それで最近は歯間ブラシを使用する人が増えています。
口腔内を清潔に保つことは、口臭予防にとって一番重要なことなのです。

歯と歯の間には汚れが溜まりやすく、その食べかすや歯垢は歯ブラシではなかなか落としきれません。
虫歯や口臭の原因ともなってしまう歯垢は、そのまま放置すると悪影響を及ぼすのです。
歯間ブラシはその名前の通り、歯と歯の間をお掃除するもので、ねじったワイヤーにナイロンの毛が付いています。
歯と歯の汚れを落とすのに大変効果的なグッズです。

続きを読む

(C) 2009 口臭予防と対策